ポリフェノールはアンチエイジングにとても大きな役割を果たしてくれる

ポリフェノールはアンチエイジングにとても大きな役割を果たしてくれる

ポリフェノールはアンチエイジングにとても大きな役割を果たしてくれる

食品に含まれる美容成分のうち、よく知られているものの一つがポリフェノールではないでしょうか。ポリフェノールはアンチエイジングにとても大きな役割を果たしてくれるのです。

 

ポリフェノールは樹皮や果物の皮、そして葉などに含まれています。光合成によって作られる植物の苦味成分、そして色素です。またポリフェノールには1つの種類に限られているのではなく、およそ300種類以上もあると言われています。

 

ポリフェノールがなぜ美容成分と言われるのでしょうか。それは、ポリフェノールには抗酸化作用があるからです。抗酸化作用とは体内にある活性酸素、つまり体を酸化させてしまう物質を取り除き、また活性酸素を取り除くことによって、発がん性物質などの活性化を抑制する力があります。ただ、活性酸素は体に悪いイメージがかなり強いものではありますが、本来は体にとって必要なものなのです。

 

細菌から体を守るための役割を果たしてくれます。ただ、活性酸素が増えすぎると、これは美容の天敵。言葉通り体が酸化してしまうので、シワやシミ、老化の原因を作ります。活性酸素は紫外線を浴びることや、激しい運動、喫煙、過度の飲酒、食品添加物の摂取、大気汚染、ストレスなど、日常にあふれている様々な原因によって作られます。ポリフェノールはその多く作られすぎた活性酸素を取り除き、老化を防ぐ役割を担ってくれます。

 

ポリフェノールは実は多くの食べ物に含まれていて、一時ブームになった赤ワイン。緑茶、コーヒー、チョコレート、ウーロン茶、蕎麦など。あまり珍しい食べ物、飲み物というわけではなく、キッチンに入れば何種類かは必ずありそうなものばかり。摂取しやすいのが嬉しいですね。ただそれと同時にポリフェノールの効果はあまり長くは続きません。一気に多く摂取したからと言って、効果が続くものではないのです。ポリフェノールでアンチエイジングを目指すのだったら、毎日、少しずつでも摂り続けることが重要となります。